スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

作者たちとボブジテン

現在ボブジテンが大好評で有り難い限りです!
しかし未だに「え?ボブジテンってつかぽんの作品じゃないの?」
と言われるので色々書いてみますw

まずつかぽんについて。
つかぽんことKenji Mishimaはこの記事を書いている人間です。
ボードゲームとは2014年に放課後さいころ倶楽部を読んで出会いました。
そこで思ったのが「遊びたい」ではなく「作りたい」でした。

つかぽんは欲しいと思ったものをまず「作りたい」と思ってしまうクセがありますw
過去にはテディベア、シルバーアクセサリー、ヘンプアクセサリー、腕時計など作ってました。
そしてボードゲームです。

まずはボードゲームを知るためにゲーム会に行き色々なゲームを遊びました。
そこでKazuna*とも出会います。
ボードゲームを知ったのが2月、1作目のサリバンを作り始めたのが6月です。
なんとか2014秋のゲームマーケットに間に合いデザイナーデビューとなりました。

Kazuna*は2016春のゲームマーケットあたりからサークルを手伝うようになります。
動機は「捕込を世界に宣伝したい」ということだったので広報担当をお願いしました。
捕込は拙作の2作目です。いまだにファンの多い「渋い」ゲームです。

そんなKazuna*が2016年末に「ゲームを考えたので見てほしい」と言ってきました。
最初システムを聞いたとき「面白いか?」と思ったのですが「○○をカタカナ使わず説明して」と言われやってみると確かに面白い。
そして制作がスタートしました。

2人が担当した部分を書くと、

Kazuna* : ・カタカナ語を使わずカタカナ語を説明する(根幹)
        ・タイトル(○○ジテン)
        ・ルール作成
        ・お題作成

つかぽん : ・カード構成(カード枚数、1枚当たりのお題数、裏の数字)
         ・タイトル(ボブ○○)
         ・販売戦略(生産個数、販売店選定など)

こんな感じで2名で作ってはいますが「根幹」だけあればボブジテンとして成立するので、
つかぽんは作者名には入れてません。強いて言えば編集者でしょうかw

現在ボブジテンは需要に供給が追いついていません。
ですが近日中に大量生産を行います。準備に時間がかかりお待たせいたしました。
そちらの報告は別途させていただきます。

今後ともサークルTUKAPONつかぽんKazuna*をよろしくお願いします。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

つかぽん

Author:つかぽん
ボードゲーム作ってます!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。